ホーム

2021/12/11-12

                       
 風、 12月、 映像祭」に寄せて


すっかり、部屋の中にいることが多い世界になってしまいました。

 
わたしの部屋には、二つの窓があって、
そこからは、いろんな風が入ってきます。

微かにカーテンを揺らす、
雨の匂いを運んでくる、 
窓ガラスがガタガタと鳴るほどの、 
季節が変わるのだとわかるような、
例えば、そんな、風です。


春、この部屋に来て、
この街は、別府は、いつも風が吹いているところなのだと知りました。
海も、山も、近いからでしょうか。


すっかり、部屋の中にいることが多くなった
この世界では、 
映画だってライブだって、インターネットの環境さえあれば、家から出ることなく見ることが出来ます。 
検索すれば、面白いものはたくさん見つかるし、自動的に好みのものが次から次へとおすすめされてくる。 素晴らしいことです。

いい作品はたくさんあります。

ある日友人が、人からすすめられたホラー映画を見た、と言いました。 
その友人は怖がりなので、普段ホラー映画を見ることはありません。
 「あんまり熱心に面白いよって言うもんだから、試しに見てみたらほんとに面白かった」
 友人にとって、その作品は、 
きっと、そのすすめてくれた人との交流も含め「面白い」ものになったのではないでしょうか。
「風、 十二月、 映像祭」で上映される作品が、誰かにとってのそういうものになれたらと願います。

ご存知の通り、家の中で感じる風と、外を歩きながら感じる風は違うものです。
 十二月、きっとそこでは良い風が吹きます。
タイトルとURLをコピーしました